言霊の使用例

 

24時間、いつでも場所を問わずに悩み相談できる言霊占い
三鷹の母の個別言霊占い > > 言霊の使用例

実際に言霊はどんなカタチで使用されていたのでしょうか?

「言挙げ」がもっとも有名です。

「言挙げ」とは、自分の意志をハッキリもって言葉を発することです。逆に意志もない言葉があるのか?と思ってしまいますが、真に心に誓った言葉には神秘的なチカラが宿り、現実の事象となると信じられていました。

しかし、それが心の慢心によるものだと、悪いエネルギーが自分へと返ってきてしまうというものです。

言葉そのものにチカラがあるという考えだけではなく、どんな心を持って言葉に出すのかが非常に重要だということです。

『古事記』にやはり例が記されています。
あの有名なヤマトタケルは、最終的には病気に伏し、力尽きて死んでしまいます。その原因が慢心による「言挙げ」だったことを知っていますか?

伊吹山に登り、その山の神を征伐しにいくのですが、3合目にさしかかったところでイノシシに出逢い、それを山の神の使いだからあとで殺すと慢心した「言挙げ」をしてしまうのです。

しかし、実はそのイノシシは山の神そのもので、大雨を天罰のように降らします。この特別な大雨のせいで病にかかり、ヤマトタケルは退却を余儀なくされ、最終的には力尽きて命を落とすわけです。
 


三鷹の母の個別言霊占いメニュー


言霊(ことだま)とは?
事と言が同じだった証拠
言霊の使用例
世界の言霊
利用規約
お問い合わせ


 
ページの上へ▲
三鷹の母の個別言霊占いトップに戻る
サイトマップ
 

(C) 三鷹の母の個別言霊占い.
大手FX業者